背景画像

安い服ばかりになる傾向が

大手SPA小売り店の登場で、世の中安い服ばかりになる傾向があります。 日本全国展開のみならず、グローバル社会に対応し、世界に進出している企業もあります。 そのような店舗の展開している、衣料品の商品のクオリティーに関して、価格と商品の価値のバランスが取れていることが、人気の理由です。ひと昔前の安かろう悪かろうは、成熟した日本経済には通用しないので、価格が安くても、品質のいい商品が市場に増えてる状況です。無地、ベーシックなアイテムを展開して、幅広い年代に対応することで たくさん販売し、そのスケールメリットを価格に反映するビジネスモデルが世の中に受け入れられています。 一方でファッションとしての、そのような安い服の活用は、センスを問われます。 例えばメンズならば、コートや靴などのアイテムにはお金をかけて、ボトムス、インナーなどを安くすませることで、 全体のコーディネートファッションで、安い服を着ている印象を与えないことは、おしゃれ上級者は取り入れています。 ファッションとは、あくまでトータルで見せるものなので、そのバランス感覚が重要です。 一方で全身を安い服でコーディネートしたファッションは、一目瞭然でファッション上級者には伝わります。 お金をかけず、自分のライフスタイルに合ったファッションをすることが一番です。 今はスーパーでも、ドラッグストアーでも、作業服屋でも服は購入できます。 毎日の肉体労働で活用する服が、高価な必要はまったく無いのでそのようなしーんでは、当然服にお金をかける必要はありません。消費税の増税や、ワーキングプアの問題含めて、洋服よりもまずは食含めて他のことにお金を使い、日々の生活がやっとという人も増えています。そんな生活の中では衣食住の中で、衣にお金をかける優先順位が一番m後回しになる人も多いことでしょう。しかし、心を豊かにするため、自分に自信を持つ為、今の自分mの為だけでは無く、将来の自分の為に、服にお金をかけることも時には必要です。

高いブランドの服を着ていない

最近の女性は高いブランド服を着ない傾向にあります。それには理由があり、安くても良い服が多く出回っているという背景があります。雑誌や読者モデルなどには、安くてもかわいいアイテムが人気があり、こうしたアイテムをプチプラと呼んでいます。雑誌などにも、プチプラアイテムを使用したコーデ術の特集が組まれており・・・・・ → 続きはここから

Copyright(C) 2014 ファッション雑誌文化は現代ッ子には All Rights Reserved.