背景画像

現代っ子はデジタル志向

デジタル化が進む中で、ファッションの分野にもデジタル化が進んできました。ファッション雑誌のデジタル化の時代到来したのです。 デジタル雑誌はいつでも、どこでも手軽にすぐ読めるというメリットがあります。インターネットにつながっていれば閲覧可能で特に、 iPhone、iPadの普及で家でも電車の中でも、いつでも好きなときに好きな場所へデジタル雑誌を持ち歩くことが可能になりました。 どこにでも持ち歩けるということもあって、現代っ子のデジタル志向はファッションの中にまで浸透してきました。デジタルファッション雑誌を参考に、買い物の参考にしている現代っ子をよく見かけます。携帯を片手に買い物という場面によく出くわします。 書店で雑誌を探すという習慣からデジタル雑誌の定期購読という変化が起きています。発売日に品薄、売り切れという事も今まではよくあることでしたが、定期購読なら雑誌の最新号を発売日にすぐに読め、バックナンバーもデジタルなら品切れしないのでいつでも購入可能という利点があります。買いに行く、探すという手間が省け、ファッションを検索するというスピードも速くなりました。同時にファッションの進化はよりスピーディーに伝わり、現代っ子はますます情報に敏感になり、さらにそれに順応できる力をつけてきました。国内外に関係なくどこにいても、雑誌をタイムリーに入手できる便利さは、情報の共有性を高めています。多くの人が流行をいち早く知り、それを広める、現代っ子はスピードを求めているのです。そのスピードについていけるかついていけないかで現代においては存在位置も大きく変わってきます。情報に早くたどり着ける人は現代的であり、それを利用すれば先駆け人となるのです。 一方でデジタル志向はゆったりとした空間も与えてくれます。情報をいつでも見ることができるという感覚はそこにゆとりを生み情報が豊かであるため、忙しく調べたり、忙しく動く必要が減るのです。ゆとりとスピードを併せ持つデジタルの良さが今の世代をデジタル志向にしているのです。

雑誌はゴミになるの考えか

ネットの普及により以前より雑誌全体の売り上げが落ち込んでいると言われていますが、依然として書店の店頭には数多くのファッション雑誌が並んでいます。特に女性向けは、好まれるスタイルの細分化が進んだせいか、世代別、テイスト別に、いろいろなファッションやライフスタイルを提唱した雑誌が出ています。最近の傾向として・・・・・ → 続きはここから

Copyright(C) 2014 ファッション雑誌文化は現代ッ子には All Rights Reserved.