背景画像

ファッション雑誌文化は現代ッ子には

このようにトレンドや流行が多様化している時代では、アパレルメーカーも爆発的なヒット商品を生み出すのが難しい時代になっているのです。またファッション雑誌もこうした状況のなかで暗中模索し、四苦八苦している状態なのです。
1980年代から1990年代は非常にファッション雑誌が売れた時代でもありました。ファッションのトレンドや流行はすべて雑誌から発信され、多くの若者が雑誌に出るモデルとそっくりそのままの装いに身を包んでいたのです。ある種トレンドや流行が非常にわかりやすい時代であり、アパレルメーカーなども雑誌の洋服を模倣して作れば作った分だけ、多くの売り上げを誇ることができた時代だったのです。

パンフレットデザイン・作成はセブンブルックス
http://www.seven-brooks.com
洗練されたスマートなパンフレットデザインの作成をします

また1980年代から1990年代はバブル景気真っ只中であり、多くの若者が洋服やバッグ、ブランド品にお金をたくさんつぎ込めた時代でもあったのです。常に最新のブランドバッグやブランド服を購入することが流行の最先端であり、そのためにいち早くファッション雑誌を手に入れてトレンドを把握することが必要不可欠だったのです。そのため雑誌も何百万部と飛ぶように売れ、雑誌を飾るモデルたちはカリスマとして多くの若い女性に崇拝されていたのです。

しかし現代っ子にはこのようなファッション雑誌文化をみることは出来なくなってしまいました。それは好みや価値観が多様化し、個性や独自性があることが尊重される時代になっているためなのです。また日本がデフレ経済にあり、多くの若者がおしゃれに使えるお金を持っていないことが理由として挙げられるのです。
現代っ子は悟り世代とも言われ、アルバイトなどで稼いだお金は大事に貯金し、できるだけ支出に回さないようにする傾向が見られるのです。

出産祝いを贈りたい気持ちと一緒に
https://babychu.jp/babygift
贈りたい気持ちをメッセージに添えて

ファッションにおいてもトレンドや流行を追うばかりではなく、自分の個性にあった装いは何かを良く熟知しており、古着屋などを頻繁に覗き安くて自分らしい洋服を見つけてそれを身につける傾向にあるのです。

タトゥースタジオは東京のSOLdesign
http://tribaltattoo.jp/tribal-tattoo-sol-design/studio
南青山にあるスタジオで彫師があなたのタトゥーを丁寧に

また手持ちのファッションに飽きたからと言ってすぐに廃棄処分するのではなく、それを裁断したりパッチワークするなどしてリメイクし、新たなファッションに作り変えて大事に着続ける傾向にあるのです。そのためアパレルメーカーや雑誌社は非常に厳しい冬の時代を迎えているのです。

Copyright(C) 2014 ファッション雑誌文化は現代ッ子には All Rights Reserved.